×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性の永遠のテーマ「ダイエット」、お手軽ダイエット方法のご紹介!

ダイエットは女性の永遠のテーマ!今では男性の方も!このダイエット方法の研究の分野は、西洋的な栄養学はもちろん、東洋的な栄養学・行動心理学・身体学、メンタルに関すること、各種セラピーやスピリチャル分野を考え合わせると多岐にわたります。ダイエット、と検索で入れただけで、ウン万件出てきます。どれをクリックするか迷うものです。それでも、ダイエットに関するさまざまな勉強・研究の中で、確実に痩せることができるダイエット方法、健康なダイエットのためにいちばん重要なポイント、ダイエットに成功する人の共通点、ダイエットができる人とできない人の根本的な違い、ダイエット後リバウンドすることなく、生涯 ずっとスリムでいるコツ、がわかってきました。それは、パラドックス的ですが、ダイエットと食に関する、注ぐエネルギーを、クールダウンさせる事なんです。かといって、夜中にお腹が空いたから、ラーメンなんてのとは、少し違います。とりあえず、キツキツのカロリー計算はやめてみませんか。そうすると、かえって食物の事でお頭がいっぱいになります。よく、子どもの頃、ご飯ができたと呼ばれても、遊びに夢中になっていたでしょう?そういう状態を、大人になっても作り出すと、やせるんです。証拠に、のめりこむモノのある人は、スリムです。

お手軽簡単ダイエット、クッキーダイエットのご紹介!

ダイエット クッキーには、ポピュラーな大豆以外に玄米クッキーもいいものです。あるダイエット クッキー の主な成分は、玄米、カルシウム、オリゴ糖、DHA、還元麦芽糖水飴、卵、植物性油脂、米こうじ酵素(1袋18本/208キロカロリー)です。1食分208kcalは高いと思われがちです。が、そもそもダイエット は、栄養を取らなければ良いということではなく、栄養のバランスが取れた食品である事が、ダイエットに重要なのです。栄養不足は、急激なリバウンドの元です。だから、逆に、白いごはんばっかり食べるのと比べれば、低カロリーなのです。カロリーが低くて栄養がないものだけ食べていても、ダイエットは成功しても健康を害します。玄米には、良質のタンパク質の他にビタミンB群・ビタミンE・パントテン酸・必須脂肪酸・食物繊維などの栄養成分とカルシウム・鉄・リン・カリウム・ナトリウムなどのミネラル成分が総合的に含まれていて、全能食ともいわれています。玄米は、炊きにくく、うまく炊けない事も多いのです。その玄米を玄米ごはんよりも、消化がよく、どこでも食べられるよう、おいしいクッキーにしたのが,ダイエット用の玄米クッキーです。

日本人の馴染みの食品、豆乳ダイエットのご紹介!

大豆をゆでて、すりつぶし、絞り出した乳状の液体を豆乳と言います。豆乳は日本人には馴染みのある食品と言えるでしょう。 「畑の肉」とよばれる大豆は、ローカロリーでありながらバランスよく栄養素を含む自然健康食品の代表選手。豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素をふくみます。 大豆には「大豆サポニン」と「大豆ペプチド」がふくまれています。 「大豆サポニン」は脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分、「大豆ペプチド」は吸収してしまった脂肪の燃焼をうながしてくれる成分です。大豆製品のなかでも「豆乳」をおすすめするのは「液体」だから。固形の豆腐にくらべても成分の吸収が優れているんです。 各成分に活躍してもらうためには、毎食前に飲むことも大切なポイントです。食事の量も自然とすくなくなります。豆乳はそのまま飲んでも良いし、寒い時に暖めて飲んでも良いでしょう。その時に、大豆特有の甘さを感じるために砂糖やはちみつを入れないで飲みましょう。また最近は、コンビニエンスストアなどで売っているジュースにも豆乳を使ったものがありますのでそういったものを利用しても良いでしょう。いろいろなタイプのものを試していれば毎日飽きないで続けることができるんじゃないでしょうか。

Copyright © 2008 野菜スープなどを使った、簡単ダイエット方法について考えてみませんか?